作業工程

クラウンの自動車パーツはより高品質、より使いやすく、より早い配達をモットーにしています。
ここでは厳選された中古部品やリビルトパーツがどのような工程で生まれるのかをご紹介致します。

ライトステー補修

ヘッドライトの取り付け部分が破損してしまっても、部品取り用に保管してあるライトからステーを採取し、溶接~補修致します。
下記は破損の中でも、最も致命的な欠損の補修工程を紹介します。

1.ステー欠損部状況
ステー欠損部状況
矢印の部分が欠損してる状態です。
2.欠損部分確認
欠損部分確認
欠損部分を確認します。チップ打ちや
接着剤は、一切使用しません。
3.補修部品採取
補修部品採取
他の廃棄ライトより同ステー補修部品を
採取します。
4.補修部品のカット
補修部品のカット
採取した部品とステーの欠損部が合う
ようカットします。
5.溶接
溶接
ステー部の角度、高さ、穴の位置を
合わせ溶接します。
6.補修部の研磨
補修後の研磨
ベルトサンダー、ペンシルサンダー
により凹凸を研磨します。
7.研磨完了
研磨完了
溶接部を平滑にし、研磨完了となります。
8.補修部の塗装
補修部の塗装
ツヤ消し塗装を実施します。
9.補修完了
補修完了
ステーの角度の高さ、穴の位置を確認し
補修完了となります。

このページの先頭に戻る

ライト磨き

現在のヘッドライトには、樹脂性のカバーが使われています。耐久性を考慮されているはずなのですが、年月と共に黄ばんで曇った状態になったり、酷い場合は表面に施されているハードコートが剥がれてしまうと、見た目も著しく悪くなってしまいます。
また、夜間走行の視認性にも影響してきます。

ハードコートの剥がれ、黄ばみや白濁等も、レンズカバーを磨く事により透明感を取戻し、美しくクリアーなレンズカバーに復元する事が可能です。

1.ライト面の状況
ステー欠損部状況
ライト面を検査し、キズを確認します。
2.キズのアップ
欠損部分確認
キズの程度を確認します。
3.サンダーで研磨
補修部品採取
サンダー(400番)で傷を研磨していきます。
400番で処理できない傷は廃棄します。
4.キズの深い部分の研磨
補修部品のカット
サンダー(400番)で深いキズの部分を
研磨していきます。
5.全体を研磨
溶接
全体を更に番手を上げて研磨します。
(400~2000番)
6.ポリッシュで研磨
補修後の研磨
ポリッシャーで磨き仕上げます。
研磨用コンパウンド(FMC8000-L、
FMC8010-L、FMC8040-L)を使用します。
7.コーティング材塗布
研磨完了
プラスワンで磨き後、コーティングをし完成です。

このページの先頭に戻る

ライトの梱包

ライトでも車によって一つ一つ形状が違うので、入れるダンボールや注意する箇所が違います。
特にステーは細く壊れやすいものもあるので、細心の注意を払い、緊張感を持って商品の梱包を行っております。

1.最終チェック
最終チェック
磨きあがった商品を最終チェック。
同時に商品番号・車種・型式・送り先も
確認します。
2.エアーキャップ
エアーキャップ
ステーなど折れない様にエアーキャップ
で包みます。


3.緩衝材
緩衝材
届いた後は、ゴミにはなるかとは思いますが
底にも緩衝材を入れて保護します。

4.更に・・・
緩衝材2
上からも緩衝材を入れて・・・
ここまでしないと運送事故は防げません。
5.送り状を貼って出荷。
送り状を貼って出荷
送り状・注意シールを貼って、お客様の
もとへ送りだします。

このページの先頭に戻る

バンパー補修~出荷

一言でバンパー補修といってもいろいろなケースがあります。
スリキズ、ヘコミの状態を確認し、キズの状態にあった補修作業を行っています。

1.作業前
作業前
黒○部分が凹んでいます。
2.あぶり
あぶり
赤外線ヒーターで温めて柔らかくします。
3.押し出し
押し出し
裏から押し出して修正します。
職人さんの腕の見せどころです。
4.削り
削り
サンダー(60番・120番・240番)で研磨
していきます。
5.穴埋め&切れの補修
穴埋め&切れの補修
裏からメタルシート(金網)で補強して
あるので強度も出ています。
6.マスキング&足付け
マスキング&足付け
マスキングを施し、サフェーサー(1液)を
吹いて・・・
7.完成
完成
乾いたら完成です。
8.エアーキャップ ~ ダンボール
エアーキャップ ~ ダンボール
エアキャップ・平板ダンボールで梱包を
して運送事故を防ぎます。
9.送り状を貼って出荷
注文書・送り状・商品を確認してお客様の
もとに送り出します。

このページの先頭に戻る

ヤフーオークション 出品中

  • クラウン1号店
  • クラウン2号店
  • クラウン3号店
  • クラウン4号店

カレンダー

2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

ご利用案内
FAX注文書

RapidSSL Site Seal

お客様の個人情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。