クラウン スタッフブログ

限りある資源を大切に 循環型社会を目指すクラウン

なぜ・・常に満タン駐車??

先日のオフ会にて・・・
なぜ・・・「常に満タン駐車なのか?」、、という話題がでました、、それについてお話ししましょう。

p123

通常は燃費を稼ぐという事では、ある程度の
走行分だけで、クルマの総重量を少なくする。
こういう方が理に適っていると思います。
しかし、、私は「常に満タン駐車!」・・と。(^^)v
その真相は、、かなり昔にさかのぼります。
わたくし50歳前半で、まだまだ諸先輩方々の
足元にも及びませんが・・・m(__)m
この「満タン駐車」というものは、諸先輩方々から
直々のご指導でして・・・「満タン駐車・満タン走行」を免許習得以来、心がけています。
自動車の燃料タンクは、最近「ポリタン」・・プラスチック製が出て来ましたが・・・通常は鉄板です。
物が良い物でも「ジュラルミン製」でしょうか、、、そのタンク内部を防錆加工をしてあります。
・・・という事は、、プラスチック製でない限りは「錆び」が出る「可能性!!」があるという事です。
こうしたタンク内の腐食を防ぐという意味での「満タン駐車」という形態を取っているという事なのです。
常にある程度、、満タンに近い状態で駐車し、そこから走行するという事でして燃料が走行振動で
タンク全体に廻りますので腐食が防げるという事なります。
「アルミタンク」も腐食は致しますから、、このように満タン走行は良いかと思われます。
トラックなど、、仕事で使うようなクルマは、常に満タンという時点から燃料が減って行きますから・・・
こういう仕事のクルマは、あまり対象にはならないかも知れないですね。。(^^)v
それに、、最近流行の「WAKO’S F-1/ フューエルワン」などの添加剤を併用すれば最高ですね。
「水抜き材」というものが、、タンク内の腐食を予防する効果があると思われます。

p1234

現在では、震災などの「防災対策」という観点でも
「満タン駐車」という事が推奨されています。
私も居住マンションの「放火管理者」も務めており、
防災指導と併せて行って頂きたいと、消防からの
要請などもありまして、年一回の消防訓練時には、
こうした事も少しお話させて頂いております。
町内防犯パトロールなどでもお世話になります・・
警察署などからも同様の指導が御座います。
なかなか、、、経済的なものもありますから・・・

強制的にという事は、条例など制定されてい限りは無理なものなのでしょうけれど。。
皆さん、御一人御一人の自主性になりますが、極力「満タン駐車」をお願いしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年7月に投稿したクラウンの記事一覧